アルバイト

アルバイトの探し方はいくつあるの?バイト求人サイトを紹介

更新日:

fancycrave1 / Pixabay

今回はアルバイトをこれから探そうとしている高校生や大学生の方向けに、私がこれまでアルバイトを探したときに重視したポイントやコツなどを、
3つほど紹介したいと思います。少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

①WEBやインターネットを活用する

まず探し方ですが、求人情報誌やフリーペッパーで探すといった手段もありますが、私としてはWEBやインターネットで探す方法が断然おすすめです。

もちろん、大学などでアルバイト募集の張り紙で探したり、友達や先輩を介して探すこともできますが、最近は求人情報も毎日頻繁に変更される時代ですので、
スピーディに数多くの情報を探すためにはWEBやインターネットがやはり一番有効だと思います。

今は若い方でもスマートホンやタブレットでメールやインターネットをされている方が多いと思いますので、こちらはご納得いただけるかと思います。
とくにインターネットの求人サイトは、職種や給与などいろいろな条件から求人情報を探すことができますし、サイトによってはお祝い金が出るところもありますので
活用しない手はありません。私もアルバイトを探していたときにはフル活用させていただきました。

②口コミや評判を参考にする

こちらもインターネットを使ったコツですが、アルバイト先の評判をインターネットから情報を得るのも大変有効な手段です。

例えばYahooなどで「○○会社」
「アルバイト」「評判」などと検索すると多くの情報が出てきます。

その会社の雰囲気や忙しさなど生の声を知ることができますので非常に役に立ちます。
ただし、あくまでインターネット上の情報になりますので、中には無責任な書き込みも含まれていたり、すべてが信頼できる書き込みであるとは言えないところに
注意が必要です。

これらはあくまで参考情報としてとらえてください。
私も以前、アルバイトを申し込もうとした会社があったのですが、あまりにもインターネット上の評判が悪く、申込みを見送ったことが何度かあります。

③継続して求人が出ているかを確認する

求人情報の中には継続して何度も同じ求人が出ている場合があります。求人している会社がたくさんの人を求人していても実際は集まらなかったり、
離職率が高いため何度も求人しているケースがなど考えられます。もちろんこれはあくまで想定に過ぎませんし、この他の理由かもしれません。

その真相を調べる手段は残念ながらありませんが、前述②で書きました方法で、その会社の評判などを探して参考にしてみるのもいいと思います。

私も好条件で見つけた求人情報があり、よくよく調べてみると毎週同じ求人が出ている会社で、いろいろとインターネットで確認して、最終的に申込みを見送ったケースもありました。
もちろん、その情報だけでは本当に離職率が高いかどうかは必ずしも言えず、実際はまるで違う可能性もゼロではありません。
あくまで自分の判断材料としたに過ぎませんが、大変役に立ったことは言うまでもありません。

まとめ

以上、私がアルバイトを探すときに重視している点を3つほど紹介しました。探し方は人それぞれですし、これといった決まりはもちろんありませんが、
私はインターネットの求人サイトで探すことをおすすめします。

とくにお若い方はお祝い金がもらえる求人サイト(例:アルバイトEX)が適していると思います。実際私もお祝い金で助かった思いがありますので、求人サイトが一番いい探し方であったと今でも思っています。
どうぞ参考になさってみてください。

-アルバイト

Copyright© 大学生のバイト , 2017 AllRights Reserved.