アルバイト

高校生、大学生がアルバイトをやる意味とは?

更新日:

学生がバイトをするのって当たり前のことでしょうか?実家に住んでいれば生活に困らないのですから勉強だけしていればいいはずで、考えてみるとちょっと不思議かもしれませんね。学生がバイトをやる意味を一緒に考えてみましょう。

①今のうちにお金を貯める

実家に住んでいるうちに貯金をして一人暮らしの資金を貯めたり、趣味やオシャレにとお金を自由に使えるのもバイトをしているからできることです。

高校生ならバイトをしているかどうかで遊びの種類と頻度にも差が出ますし、大学生なら親の負担を減らすために学費を稼ぐという人も。

お金が貯まってくるとそれが快感になってくる場合もあるのでバイトもさらに楽しくなり、また貯金も増えてという好循環が生まれます。

②社会を知るために働く

高校生や大学生が初めてバイトをする時は単に憧れがきっかけかもしれません。

しかし、いざ働き出すどんな仕事も難しいと感じるでしょうし、働くことの大変さを知る中で社会勉強ができるのです。

従業員との人間関係に悩み、お客さんとの接し方にも悩み、勤務時間に合わせて家を出たり身支度をするということ、休む時には連絡をしたり辞める時には早めに伝えて…ということの中にはバイトで初めて学ぶことも多いものです。親からの勧めでバイトをするという人もきっといるでしょうね。

③学業とバイトの両立で充実させたい

ただ学生として過ごすよりもバイトと勉強を両立させて充実した学生生活にしたいと考える人もいます。

あえて厳しいことをして自分を鍛えたいという頑張り屋さんや、周りにそんな人がいて憧れてしまった人、「バイトが忙しくて…」なんて言ってみたいかっこつけの人、どんな理由であっても忙しい学生生活は苦労だけではなく得るものがたくさんあり、一度働くやりがいを知ると勉強だけでは物足りなくなってくるはずです。

④出会いを求める

学校で気の合う友達がなかなかできないとか、恋人を作りたいのにうまく出会えないなぁと感じている学生さんはバイトに出会いを求めるでしょう。

実際にバイト先で友達や恋人を作る人は多く、同じ苦労を共有しているうちに打ちとけやすいようですね。お金もゲットして大切な人もゲットできるならバイトってなんて素晴らしいんだと感じませんか?

まとめ

バイトをやる意味を考えていく思った以上にメリットがたくさんあることがわかりました。きっかけはどうであれ、今とは違う世界を経験するためにバイトを始めてみるのをおすすめします。

関連記事:大学生におすすめのバイトを紹介

-アルバイト

Copyright© 大学生のバイト , 2017 AllRights Reserved.